ドメーヌ・モンブルゴー / クレマン・デュ・ジュラ・ブリュット

Domaine Montbourgeau / Cremant du Jura Brut

10062.jpg

ふくよかで果実味たっぷりのクレマン。輸入されてからある程度の時間が経っていることもあり落ちついた素晴らしい味わいを演出してくれている。ジュラで作られるクレマンだがシャンパンに負けないほどの魅力がありこれから年末に書けて大活躍することは間違いない!

トレヴィジオール / ヴァルドッビアーデネ・プロセッコ・スペリオーレ・エクストラ・ドライ

Trevisiol / Valdobbiadene Prosecco Superiore - Extra Dry

10105.jpg

イタリアのリーズナブル系泡と言えばまず最初に思い浮かべるのはプロセッコ。トレヴィジオールのプロセッコは比較的発泡が弱く優しい味わいが魅力的でした。味わいはこのクラスだったら十分といった感じだったのですが、1年前に新しいエチケットになってから内容が俄然良くなってきました。味わいに切れがでて輪郭が明確になり、もうこれ以上のプロセッコはこの価格帯ではほとんどありません。気軽に楽しむクラスとしては最高の出来映え!

ジョゼ・ミッシェル・ブリュット・トラディション

Jose Michel & Fils / Brut Carte Blanche

00020039_photo1.jpg

ジョゼ・ミッシェルのシャンパンはまず分かりやすい部分が魅力です。ヴィンテージものでもかなり素晴らしくポテンシャルの高さで勝負ではなくわかりやすさと旨みで勝負なのです。その部分でのレベルが非常に高いのです。芳醇で酸も質感が良くとにかく誰が飲んでも美味しいというのがトラディション。たっぷりとした果実味、それに見合う酸、魅力的な味わい。まさに欠点が無いのです。実はこんなシャンパン探してもそうはない。大手のシャンパンはそれぞれ見事な味わいの個性がありますが、状態が良くないことが多く意外と味わいが薄っぺらい。このシャンパンはバランスが完璧なのです。これ以上無いスタンダードシャンパンと言えるでしょう。

チンクエ・カンピ / ランブルスコ デッレミリア チンクエ・カンピ ロッソ

Cinque Campi / IGP Lambrusco dell'Emilia - Cinquecampi Rosso

10470.jpg

ランブルスコと言えば赤ワインの発泡酒です。甘ったるくてちょっと下品でというイメージの強かったランブルスコですが、ラシーヌが2015年初めて輸入したこのランブルスコはドライで旨みが乗っていて抜群の質感。私のランブルスコに対するイメージが大きく変わりました。これだったらいろいろなシーンで試してみたい。ちょっと今までの常識を覆すような料理との合わせ方も出来そうです!

フレデリック・マルトレ / ブリュット・レゼルヴ・プルミエ・クリュ

rederic Maletrez / Brut Reserve Primier Cru

10342.jpg

フレデリック・マルトレはまさに愛すべきシャンパンを作る。古酒の保有率も高く極まった造り手ではないのだが逆に普段楽しむには十分すぎるほどのシャンパンで、最近の安い買い葡萄を使って作るシャンパンなどとは比べものにならないほど美味しい。芳醇な果実味、柔らかい泡、まさにこのクラスでは敵無しのシャンパン!

カ・デイ・ザーゴ / プロセッコ・コル・フォンド [2012]

Ca' dei Zago / Prosecco "Col Fondo" 2012

9135.jpg

一度たりとも農薬も化学肥料も使われたことがない畑で作られるこのプロセッコは一般のプロセッコとは比較にならない。見事な個性と質感の高さは飲んだ瞬間から図抜けていることを感じさせる。気楽に飲むプロセッコとは違いちょっとじっくり楽しみたい雰囲気。

ファゾーリ・ジーノ ソアーヴェ・ボルゴレット

Fasoli Gino / Borgoletto Soave

9785.jpg

何度飲んでもいつ飲んでも実に旨いワインです。魅力的な香り、溌剌とした酸がたっぷりとした果実味と合わさり見事な味わい。ソアーヴェという領域で見てもこれだけ見事な美味しさを発揮しているワインはないのではないでしょうか。それでいて価格が2000円を切っているのは信じられない。素晴らしい酸と果実味のバランスも理想的です。毎年安定した美味しさも魅力なのです。爽快感と爽やかさをともなう旨みが最高!

ムーラン・ド・ガサック / テラス・ド・ギレム・ソーヴィニョン・ブラン

Moulin de Gassac / Terrasses de Guilhem Sauvignon Blanc

5806.jpg

ムーラン・ド・ガサックが作るリーズナブル系のワイン。契約農家と共に力の入ったワインを造っていて最近では自然派の指向の元に葡萄の質の向上にも取り組んでいます。大きなビール工場のようなタンクで作っているのですが、これがまた見事なワイン。毎年安定しているだけではなく質感も作られた味わいではなく実に見事なのです。安っぽさなど微塵も飽く質の悪さなど全然感じない恐ろしいほど安くて美味しいワインなのです。

リンクリン / ミューラー・トゥルガウ・ローサルファー

Rinklin / Mueller-Thurgau low sulfer

10251.jpg

ドイツワインはつい最近までかなり低迷していました。状態の良いワインがほとんど輸入されていなかったという事情もありますが、それだけではなく比較的甘いワインが多かったためにドライ傾向の流れの中低迷せざる得ない部分があったのです。そして輪郭が明確では無いぼやけたワインも多く人気はなかり低迷していたのが現実です。ところがこのリンクリンの白はどうでしょう。溌剌とした酸にドイツならではの果実味、ドライで旨みたっぷりで誰が飲んでも驚く美味しさ!こんなワイン滅多にありません。その上価格も2000円を切っているわけですから信じられないほどの存在感です。

チレッリ / トレッビアーノ・ダブルッツォ

Cirelli / Trebbiano d'Abruzzo

10433.jpg

イタリア・アブルツォのワインは独特のミネラル感と爽やかさが同居している感じのワインなのですが、このチレッリはその理想的な姿。この地域のワインではエドアルド・ヴァレンティーニが有名なのですが、まるでヴァレンティーニのワインをリーズナブル系にするとこんな感じではと思わせるようなワインなのです。このワインはヴィンテージによってはリリース直後はちょっとだけ堅いことがありますが、少しだけ待てばかなり安定した美味しさを発揮します。こんなワインイタリア広といえどそうあるものではありません。

ドメーヌ・ド・ロルチュ / ベルジュリード・ロルチュ・クラッシック [2014]

Domaine de L’Hortus / Bergerie de L’Hortus Classique 2014

10234.jpg

ロルチュはすでに20年以上前からラングドックでは突出したワインを造っていた老舗的造り手だが、ここ2〜3年ヴィンテージによって不安定だった部分も解消され、フランス全体を見回してもかなり高い水準の酒質になり見事な姿に驚きを隠せない。赤も素晴らしいが白としての水準も標高が高いこともありラングドックではあり得ないほどの卓越した姿だ。

ドメーヌ・ランドロン / ミュスカデ アンフィボリット・ナチュール

Domaine Landron / Muscadet - Amphibolite Nature

8930.jpg

実に爽やかでミュスカデらしい繊細さとそれでいて線の細い中に見事な味わいを備えています。このワインがコンディションが良くなければそこら辺にころがっているミュスカデと変わりなくなってしまうのでしょうが、状態の良さがこのミュスカデの魅力を最大限に発揮させてくれています。ロワールは元々ソーヴィニョンブランでさえドライで線の細い感じで通常のソーヴィニョンとは異なりますが、ムロン・ド・ブルゴーニュで造られているこのワインはそれに輪をかけたようなワイン。じっくりと落ちつかせて飲むとこんなチャーミングなワインがあったんだと驚きますよ!


ドメーヌ・スクラヴォス / ロボラ・ド・ケファロニア ヴィーノ・ディ・サッソ [2013]

Domaine Sklavos / Robola de C?phalonie - Vino di Sasso 2013

10257.jpg

ギリシャの白ワインは正直フランスの次に素晴らしいワインだと思います。当然極少ない造り手のものでないと駄目ですが。島国で風の強い国なので実はチリと同じようにフィロキセラの影響を受けていない樹が未だにありかなり樹齢が高いのです。アメリカの台樹を使っていない葡萄の樹はヨーロッパでもとても貴重。どこの国にもない独特の旨みがあり飲んでいると妙に納得してしまう旨みがあります。それでいて実は熟成するとかなり変化し深みが出てきます。これこそフェノールの旨み成分が高いのでしょうね。自然であるが故の旨さがこのワインには宿っています。

クロ・デュ・ティエ・ブッフ / ル・ビュイソン・プイユ [2014]

Clos du Tue-Boeuf / Le Buisson Pouilleux 2014

10515.jpg

クロ・ド・ティエ・ブッフにしかない独特の香りと旨みがあり、リーズナブル系自然派のワインとしては圧倒的な知名度と存在感を示している造り手です。特にこの数年のレベルアップには目を見張るものがあり安定感も抜群。比較的ヴィンテージの影響を受けやすいのですが、その年ならではの美味しさを出してくれて不安定さが無いのです。2014年の様な難し年でさえ凄くバランスの良い風味で旨い!と納得できます。自然派のイメージが悪い方でも嫌な自然派の風味など微塵もありません。

メゾン・カミーユ・ジルー / ブルゴーニュ・ブラン [2013]

フランス・ブルゴーニュ・AOCブルゴーニュ

10527.jpg

毎年カミーユ・ジルーのブルゴーニュ・ブランは図抜けた出来映え。とてもこのクラスとは思えないほどのレベルの高さでとにかく美味しいと言うのが第一印象。誰もが認識しやすい愛すべき味わいは非常に貴重だ。

ドメーヌ・ジェラール・ブレ / サンセール

Domaine Gerard Boulay / Sancerre

10067.jpg

サンセールには独特の風味があります。これはどの造り手にも共通する味わい。ジェラール・ブレはサンセールとしては実に厚みのあるワインです。でもロワールなのでシャルドネのようなこってりとした厚みではなく非常に引き締まったミネラル感のある厚み。ドライでありながらその中にある魅力的な風味と相まって実に存在感があり美味しいのです。このようワインを探しても意外と無いということは飲んでみれば分かります。

アリス・エ・オリヴィエ ド・ムール / ブルゴーニュ・シトリー

Alice et Olivier de Moor / Bourgogne Chitry

8893.jpg

アリス・エ・オリヴィエ ド・ムールはシャブリの造り手の中では、ラブノーを除けば最新のスタイルの中見事な個性を持った卓越した生産者だ。シャブリのあるべき姿はこうあるべき、そんな見事なワインを造り出す。このシトリーはまるでソーヴィニョン・ブランのような爽やかさを持ったワインでシャルドネとしては実にタイとで繊細。シャルドネをここまでミネラリー名姿で表現できる生産者他には見当たらないでしょう。毎年造りもかなり安定していてドライでありながら風味抜群。これは良いですよ!

ファン・フォルクセン / シーファー・リースリング

Van Volxen / Schiefer Riesling

9628.jpg

ファン・フォルクセンのレベルの高さはドイツの中でも突出しています。質の高さだけではなく分かりやすさも見事。そして毎年素晴らしいのがこのシーファー・リースリング。こんな旨いワイン他にもあるかと聞かれれば、、無い!という答えが出てきます。最もリーズナブル系のこのワインがこれだけ美味しいのですから上級キュヴェの美味しさは簡単に想像できますね!

ボデガス・オリバーレス / ホーベン

Bodegas Olivares

9566.jpg

スペインワインはヨーロッパの中でも最も品質向上が遅れている国の一つ。最近話題になっているワインも多いのですがまだまだ向上中のワインが多いのです。このホーベン、以前はちょっと田舎くさい部分があったのですが、ここ数年凄くレベルアップ。この価格とは思えないほどに質的にも味わい的にも納得感の高い出来映えです。何しろ1300円を切っているのですから凄い!こんなワイン滅多にありません!

ボデガス・オリバーレス / パナロス

Bodegas Olivares

9400.jpg

ホーベンの上級キュヴェ、とは言っても1500円前後のリーズナブル系ワインです。これがまた素晴らしい!完成度の高さ抜群です。濃いのにしつこさが無いところはイタリアと似ています。風味の完成度が高く旨みが乗っていて地味ながらもかなりの出来映えです。安っぽさが微塵もなく通に儲ける味わいが魅力です。

ヴァッレ・デッラッソ / サレント・ロッソ レ・レンツェ [2014]

Valle dell'Asso / IGT Salento Rosso- Le Lenze 2014

10218.jpg

このワインは最安といっても良いほどリーズナブルなのに実に優秀なワインです。果実が見事に凝縮していてそれでいてしつこくなく味わいのセンスが抜群です。安っぽさなど微塵もなく質も高い。高級ワインの様に多くを求めてはいけませんが、単純に美味しく楽しめるちょっと例外的な美味しさを持ったワインです。

ムーラン・ド・ガサック / テラス・ド・ギレム・ルージュ

Moulin de Gassac / Terrasses de Guilhem Rouge

00020319_photo1.jpg

ムーラン・ド・ガサックが作るリーズナブル系のワイン。契約農家と共に力の入ったワインを造っていて最近では自然派の指向の元に葡萄の質の向上にも取り組んでいます。大きなビール工場のようなタンクで作っているのですが、これがまた見事なワイン。毎年安定しているだけではなく質感も作られた味わいではなく実に見事なのです。安っぽさなど微塵も飽く質の悪さなど全然感じない恐ろしいほど安くて美味しいワインなのです。ブレンドされているためにちょっと軽めの雰囲気ですが、そこがまた良いのです。

ムーラン・ド・ガサック / テラス・ド・ギレム・ピノ・ノワール

Moulin de Gassac / Terrasses de Guilhem Pinot Noir

10401.jpg

同じテラス・ド・ギレムが作るピノ・ノワールです。今年になって初めて日本に輸入されたワインですが、南仏で作るピノ?とはじめは疑心暗鬼でした。ところがどっこい!これが素晴らしい。ピノ・ノワールってブルゴーニュ以外でいいものって実はかなり少なく納得のいくものは滅多にありません。特に南仏のピノなんてほとんど聞いたことがない。それにも関わらずブルゴーニュの良質なブルゴーニュ・ルージュクラスに匹敵するのです。価格は半分以下。まさにピノ好きが普段飲むのに手放せなくなること間違い無しです。

マックマニス・ファミリー・ヴィンヤード / カベルネ・ソーヴィニョン

McManis Family Vineyards / Cabernet Sauvignon

10476.jpg

昔お店でアメリカ人のお客様にオーパスワインをオーダーされ無かったのでワインリストを渡すと他の優れたアメリカワインを退けて選んだのがマックマニスだったのです。アメリカワインって意外とリーズナブル系に美味しいワインが少なく金額に比例して美味しくなっていくのが基本。そんな世界になってマックマニスだけは例外と言っても良いほど素人受けする旨みを持っているのです。最近のアメリカワインの様に上品系では無く結構こてっとしているのですが、アメリカンオークばりばりの下品さでは無くちゃんと美味しいのです。コスパの高さ抜群!

マルカリーニ / ドルチェット・ダルヴァ・フォンタナッツァ [2013]

Marcarini / Dolcetto D’alba Fontanazza 2013

10757-1.jpg

バローロの生産者が必ず作るドルチェットだが、探すと驚くほど美味しいワインに行き当たる。まさにその代表格がマルカリーニ。この生産者のワインで最も注目すべきなのがバローロよりもドルチェットなのだ。ボディーもしっかりとしていて納得感の高い味わいは実に素晴らしい!

カーザフラッシ / ロッソ・ディ・トスカーナ モンサネーゼ

Casafrassi / IGT Rosso di Toscana - Monsanese

10402.jpg

カーザ・フラッシのワインは実は日本でしか買うことが出来ないのです。彼らが作るワインは宿泊者やレストランのためだけに作っているのでほとんど外部には売っていないのです。2000円を切る価格でこの質感はちょっと例外的です。比較的ボディーもしっかりしているのですがしつこさは無く納得感が非常に高い。毎年安定感も抜群でファンの多いワイン。料理もある意味選ばないワインです。

シャトー・オー・コロンビエ / シャトー・オー・コロンビエ・ルージュ

Chateau Haut Colombier / Chateau Haut Colombier Rouge

10063.jpg

ボルドーではコスパNo1のワインです。ボルドーらしいイメージしやすい魅力を持ちそれでいて質感が高く3000円台でも間違いなく文句は出ない質感。それが2000円を切っているわけですから凄いのです。毎年の安定度も抜群ですがちょっと気をつけて欲しいのは新しいヴィンテージが入荷したばかりの時はちょっと落ちつかせてください。1〜2ヶ月経つとすぐ開いてきます。これはお値打ちです。

ドメーヌ・リショ / コート・デュ・ローヌ テール・デーグル

Domaine Richaud / Cotes du Rhone - Terre d'Aigles

10403.jpg

毎年安定して美味しさを感じるのだが2013年もすでにかなり美味しい。以前に比べ質感の良さのレベルが上がってきていてより質感的な深みが出てきた。美味しいというレベルでは他にも完成度の高いリーズナブル系のワインは多いが、独特の高い質感を楽しみたいのならばこのワインと言った感じ。香りの質感の良さはレベルが違い、味わいの上品さは感動もの。恐ろしく納得度が高い。寝かせるのも悪くないがほとんどのヴィンテージでリリース直後から美味しい。作り手のセンスが抜群!

ボッカディガッビア / ロッソ・ピチェーノ・ボッカディガッビア

Boccadigabbia / Rosso Piceno Boccadigabbia

9981.jpg

濃密なボディーとイタリアらしい軽い苦み、しつこくなくさらっとしているのに濃い感じで料理に合わせるにもまさに万能型と思わせる質感。毎年の安定度も抜群で迷ったときのロッソ・ピチェーノと合い言葉を作りたいほどのワインです。当然単体で飲んでも美味しいし料理と合わせてもも良い。

リンクリン / シュペートブルグンダー

Rinklin / Spatburgunder

10250.jpg

シュペートブルグンダー、ピノ・ノワールのドイツでの呼び方です。リンクリンは白を飲んだことがある方はおわかりだと思いますが、ドイツワインで最も優れたリーズナブル系ワインを造る生産者です。このシュペートブルグンダーはヴィンテージで若干さがありますが、堅いと思ったら寝かせてください。1〜2ヶ月で凄く変化します。2012年はとりあえず抜群の美味しさ。ちょっと吃驚するほどです。まさに良質なブルゴーニュ・ルージュに匹敵します。ドイツは温暖化の影響で今ピノが凄く良くなっているのです。ピノと言えばブルゴーニュですが、ヨーロッパ全般を見回してもブルゴーニュの次に良いのはドイツのピノです。

ラルコ / ロッソ・ディ・ヴェロネーゼ [2010]

L’Arco / IGT Rosso del Veronese 2010

10139.jpg

ジョゼッペ・クインタレッリの最盛期にワイン作りを担当していたラルコだけに通常のヴァルポリチェッラでも恐ろしく美味しい。これほどの味わいのヴァルポリチェッラを作れる生産者は彼しかいないだろう。誰も文句の付けようもないほど完成された世界。

プリンチピアーノ・フェルディナンド / ドルチェット・ダルバ・サン・タンナ

Principiano Ferdinando / Dolcetto d’Alba - St. Anna

10444.jpg

プリンチピアーノはピエモンテでも今注目の造り手です。早熟系のバローロの理想的な姿を見せてくれる最上の作り手の一人。だからこそその質感を受け継ぐこのドルチェットは注目なのです。柔らかく上品な作りながらドルチェットならではの風味が魅力的。この作り手には是非注目してください。

ル・リッシュ・ワインズ / カベルネ・ソーヴィニヨン [2012]

Le Riche Wines / Cabernet Sauvignon 2012

9361.jpg

ちょっと昔の東オーストラリアっぽい風味を僅かに感じさせるような南アフリカワイン。ベルネ・ソーヴィニヨンの魔術師と呼ばれる生産家で露骨にえぐいのではなく僅かにと言った感じ。いかにもボルドーセパージュらしい風味だが質感は非常に良く南アフリカで最も良いカベルネが取れる地域というのもうなずける。価格を考えるとこの内容は非常に優秀でコスパの高さは抜群!オーストラリアやアメリカ系が好きな方にはお薦めしたい1本!

ファタローネ / ジョイア・デル・コッレ

Fatalone / Gioia del Colle

10108.jpg

このワインの旨さは普通ではありません。でも違和感なく口に飛び込んでくる味わい、単純に旨いと思ってしまう完成度の高さが凄いのです。濃厚なのにしつこさが無く納得感が抜群。熟成させても素晴らしく美味しくなるため、同じシリーズのバック・ヴィンテージもお薦めです。このワインがもっと軽やかになり複雑になった感じ。でも若いうちには若いなりの美味しさがありこれが良いのです。熱が入ると甘くなりがちなプリミティーヴォですが、このワインに限ってはそんな要素は全くなし。素晴らしい!

ドメーヌ・キャピュタン・ガニュロ/ ラドワ 2013

Domaine Capitain-Gagnerot / Ladoix 2013

10664.jpg

ラドワというマイナーアペラシオンにおいて昔から突出したワインを造り続けているガニュロ。そのスタイルは今も変わらず現代でも通用する魅力として愛されているワインだ。古典的なピノの魅力全開でこれほどまでに納得感のあるピノはそうないことは明らか。現代的でジュースのようなピノとは真逆の世界。

ドメーヌ・ロワイエ / ブルゴーニュ・ピノ・ノワール [2013]

Domaine Royet / Bourgogne Pinot Noir 2013

9936.jpg

ブルゴーニュがの定番として愛されているブルゴーニュ・ルージュクラスのワインだが、この中でも突出したコスパを誇るだけではなく美味しさもトップレベルのワイン。これほどまで美味しいピノがつい最近まで日本に輸入されていなかったっこと自体不思議なことだ。フィネスが現地だけではなく日本に何度も送り試飲を繰り返し輸入しただけありその納得感の高さは群を抜いている。

ジャン・ルイ・シャーヴ・セレクション / コート・デュ・ローヌ・ルージュ・モン・クール

Jean-Louis Chave Selection / Cotes du Rhone mon Coeur

10210.jpg

エルミタージュにおいて敵無しの素晴らしいワインを造りあげるジャン・ルイ・シャーヴ。彼の探究心とまじめな性格が造り出すワインはまさに素晴らしすぎるワインです。そしてこのネゴシアンで造るモン・クールはまさに彼の良心とも言える驚異的なワインなのです。これを飲めばエルミタージュが一体どんなワインなのかが想像できます。リリース直後から飲めることが多く、もし堅くても1〜ヶ月で良くなります。ねっとりとした質感なのに凄く柔らかく全ての要素が入っているような完璧な姿。まさに最強のリーズナブル系コート・デュ・ローヌです。


マキシム・フランソワ・ローラン / イル・フェ・ソワフ

Maxime Francois Laurent / Il fait soif

10458.jpg

一時期一世を風靡したグラムノン。ローヌならグラムノンを知らない人はいないほど日本でヒットしました。インパクトのある素晴らし世界を見せてくれたグラムノンですが、今は息子の代。息子はマキシム・フランソワ・ローランというネゴシアンも作り自然派の素晴らしいワインを造り出しています。何が凄いかってその完成度の高さです。他の自然派の造り手とはレベルが違います。これぞお手本にすべきと思わせる姿に唖然とします。やはり先代から引き継がれた血ですかね。

デスセンディエンテス・デ・ホセ・パラシオス / ペタロス

Descendientes de J. Palacios / Petalos

10145.jpg

ホセ・パラシオス、まさに今スペインの誇る三大巨頭の一人です。ビエルゾにおいてメンシアでここまでの素晴らしワインを造り出したのは彼が初めてでしょう。以前はちょっとだけ田舎くささと妙な堅さがありましたがここ数年はそれもなくなりまさに名実ともにといった感じ。ペタロスは彼の造るワインとしてはスタンダードクラスですが、濃く優しい質感のボディーの中に見事な酸が宿っており風味抜群!これほど美味しいメンシアは滅多にありません。メンシアは優しくて濃いローヌのイメージが近いと思いますが、是非一度お飲みになってください。


ドメーヌ・ド・ロルチュ / ベルジュリード・ロルチュ・クラッシック [2012]

Domaine de L’Hortus / Bergerie de L’Hortus Classique 2012

8732.jpg

柔らかくふくよかでありながらしっかりと芯のある引き締まった味わい。これがラングドックとは思えないほど歴史と伝統を感じる完成度の高いワインだ。ラングドックでも標高の高いド田舎にあるドメーヌだが非常に洗練された酒質で特にここ2〜3年の安定性にも注目したい!

シャトー・ル・タンブル

Chateau le Temple

7777.jpg

リーズナブル系のボルドーで最も押したいワインの一つです。特に2001年や2002年のようなバック・ヴィンテージのワインが素晴らしい。これほど見事な熟成感がありながら質の高さもともなうワインはそうなないでしょう。軽やかな雰囲気でもそこに見事な複雑さがあり熟成したボルドーのお手本のようなワインです。時期によっては軽やかな姿から濃度が出てくることもあります。これは一度試してみるべきです。

カザーレ /ロッソ ジョヴァンニーノ 3000ml

Casale / VdT - Rosso Giovannino (3L BIB)

7072.jpg

まさにやばいワインです。バッグ・イン・ボックスなんて安ワインの代名詞だと避けていませんか?まずは状態の良いバッグ・イン・ボックスを探すことから始めてください。状態さえ良ければ皆さんのイメージは大きく変わるはずです。でもそれだけではないのです。実はバッグ・イン・ボックスとは言っても通常はバッグ・イン・ボックスなど作らない秀逸な造り手が作るからより美味しいわけです。そしてバッグ・イン・ボックスの魅力はなんといってもワインをグラスに注いでも残りのワインに空気がほとんど入らない。だから酸化しにくいわけで最低でも2週間ゆっくりと変化していきます。だからワインを抜栓して飲みきらなければというプレッシャーを感じなくて良いのです。そしてカザーレのワインの素晴らしさ、変化するたびに深みを出していく姿はある意味瓶のワインでは体感できない世界もあるのです。秀逸なキャンティーの造り手が作るこのワイン。凄いの一言です。飲み過ぎ注意!

ドメーヌ・バシュレ・モノ / ブルゴーニュ・ルージュ [2012]

Domaine Bachelet Monnot / Bourgogne Rouge 2012

10726.jpg

若手の造り手で今最も注目すべき存在のバシュレ・モノ。なんせ味わいのセンスが優れているところが第一だ。若手でこのようなセンスを感じさせる造り手は意外と少ない中今後注目していきたい造り手だ。お買い得!

チェス・マン / ジンファンデル・ロダイ

Chess Man / Zinfandel Rodi

9833.jpg

今まで経験したことがないようなジンファンデルです。リリース直後はそれなりの厚みがありそれはそれで美味しいのですが、半年も経つと今度はかなり軽やかになりちょっと吃驚するような姿になります。こんなジンファンデル飲んだことがありません。かなり素晴らしい造り手です。

ヴァンサン・デュルイユ・ジャンティアル / ブルゴーニュ・パストゥグラン [2012]

Vincent Dureuil Janthial / Bourgogne Passetoutgrain 2012

10273.jpg

彼の作る白は一時はベビー・モンラッシェと騒がれたほどこの地域のワインのレベルを上げた功労者として名高い。2012年は赤も実に素晴らしくピノ以外にガメイも入っているパステゥグランだがしっとりとした見事な酒質でまさに魅力の塊と言っても良い。

クロ・デ・ムール / ケランヌ [2010]

クロ・デ・ムール / ケランヌ [2010]

10304.jpg

クロ・デ・ムール私がこの数年注目している造り手です。質感も高く優しい濃度を持っていてとにかくセンスの良い味わい。ザムリエやシャーヴの様ないかにも完成度の高さを誇るような姿ではありません。そうでなくセンスの良さと優しさ、気張らない美味しさ、それがこの作り手の特徴でしょう。でも一流の造り手に対抗できる魅力があるのです。ワインってそういった所が面白いのです。

レ・クロ・ド・カイユ / コート・デュ・ローヌ・ブーケ・ド・ガリーグ

Le Clos du Caillou / Cote-du-Rhone Bouquet des Garrigues

9254.jpg

シャトー・ラヤスとボーカステルの間にあるまさに最高の立地。先代が一躍このワイナリーを有名にしましたが、2003年に亡くなってしまい、その後低迷期がありました。しかしそれを乗り越え2012年完璧なワインを造り出したのです。以前のイメージとは違いますが、自然派に転向し上品きわまりないワインを造り出しています。まさにローヌで最も注目のワイン!

シェルター・ワイナリー / シュペートブルグンダー [2013]

Shelter Winery / Spatburgunder 2013

10607.jpg

ブルゴーニュを除き今最も期待できるピノは実はドイツで生まれつつあります。シェルター・ワイナリー今後忘れられない存在になりそうです。このワインの滑らかさ、軽やかさ、その中にある旨み、古典的ブルゴーニュを理想的な姿にしたようなワインです。ブルゴーニュ・ルージュクラスと比較してもその上をいっている感じ。