ドメーヌ・ティエール / サン・ペレー・メトード・シャンプノワーズ・ブリュット

Domaine Thiors / Saint Peray Earl du Biguet Brut

5508.jpg

久々に飲みましたがやっぱりローヌのサン・ペレイって特別な地域のような気がします。特に白が素晴らしいのですが、この泡もちょっと他の地域にはない独特の旨みがあり、それでいて癖があるわけではなく実に良い感じです。かなり良質で通常のブルゴーニュのクレマンと比べてもこちらに分があるかもしれません。

ガイヤーホフ / グリューナー・フェルトリナー・ローゼンシュタイク [2014]

Geyerhof / Gruner Veltliner Rosensteig 2014

10400.jpg

ガイヤーホフはここ数年どうしてしまったのだろうか?あの単純で素晴らしいバランス感を持ったワインはちょっと影を潜めバランスを崩しているように感じる。酸は素晴らしいのだが芳醇な果実味の線が細くなり以前のような姿を見せなくなってしまった。ただ以前の姿を知らなければ別にこの姿でも問題なく美味しいワインである。そしてこのワインの凄いところは2週間開けっ放しで少しずつ飲んでも全く落ちる気配を見せない。ある意味化け物である。

ドメーヌ・ティエール / サン・ペレー [2011]

Domaine Thiers / Saint Peray 2011

10467.jpg

昔ティエリー・アルマンで作られていたサン・ペレイも実に素晴らしかったのですが、このワインも絶対に見逃せない存在です。やはりこの地域はローヌの中でもちょっと異彩を放つような白が生まれていると思います。この地域にしかない魅力的な味わいが納得感を高めてくれています。

ジョルディ・ロレンス / ビ・デ・タウラ ブラン・ダンゼーラ [2014]

Jordi Llorens / Vi de Taula Blan d'Anzera 2014

10552.jpg

まだ若干若いのですが、非常にエネルギッシュで酸の切れがあり間違いなく数ヶ月後には膨らみも出て劇旨ワインになることは必定です。まさに今カタロニアで最も注目すべき生産者です。

ドメーヌ・ジャン・フィリップ・パディエ /レ・トゥービヨン・ド・ラ・ヴィ [2014]

Domaine Jean-Philippe Padie / Le Tourbillon de la Vie 2014

10291.jpg

やっぱりパディエはただ者ではありません。見事な個性と質の高さを兼ね備えており質感の高さも尋常ではありません。まさしく現在ラングドック&ルーションにおいて注目すべき存在です。目の覚めるような溌剌とした姿は特質ものです!

クリスタヘルム / ジ・アグネス・シャルドネ [2014]

Crystallum / The Agnes Chardonnay 2014

10585.jpg

冷涼な年だったこともあるが、酸の切れが抜群で溌剌としており味わい的にはキスラーばりの魅力がありながらもっとフランスよりの雰囲気で実に素晴らしい!南アフリカで飲んで白では圧倒的な存在で今後人気が高まり入手が難しくなるのは必定!

フライヤーズ・コーヴ・ヴィンヤード / ドーリング・ベイ・ソーヴィニョン・ブラン [2015]

Fryer's Cove Vinyard / Dauring Bay Sauvignon Blanc 2015

10526.jpg

焦げ臭がいかにも昔を思わせる樽の風味があるが酸の切れが良くけっしてこてっとした嫌らしいワインではなく、逆に非常にまとまりが良くこの特徴が良い方に向いているかなりの納得感のあるワイン。この価格だったら文句の出ない素晴らしいバランス!

ラール・ワインズ / ラール・ホワイト [2014]

Rall Wines / Rall White 2014

10582.jpg

2014年は冷涼な年だったために2013年と比べもっと切れがあるが、ボディーの芳醇さはそのままで実に素晴らしい出来映え。クリスタルムと同様に南アフリカ随一の白として非常に高い存在感を放っている。

ロベール・シュヴィヨン / ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ・レ・ロンシェール [2011]

Domaine Robert Chevillon / Nuits-Saint-Georges Premier Cru les Roncieres 2011

8396.jpg

大人の女性のようなしっとりとした魅力を放っていて実に素晴らしい状態。極端に突出した様な部分がなくバランス良く香り味わいの複雑さもかなり出てきている。全てのバランスが良く強烈なインパクトがイメージのシュヴィヨンとは違い大人の魅力だ。まさに今飲み頃!

ジョルディ・ロレンス / ビ・デ・タウラ アティケテ [2013]

Jordi Llorens / Vi de Taula Atikete 2013

10551.jpg

膨らみと複雑な表情が出始めていて実に印象的なワインです。これで自然派でSO2が無添加などと言うことはちょっと飲んだだけでは分からないほど違和感のない完成度の高さを持っています。スペインのカタロニアにおいて今注目度ナンバーワンの造り手といっても過言ではないでしょう。

ドメーヌ・ジャン・フルニエ / マルサネ・トロワ・テッレ・ヴィエイユ・ヴィーニュ[2012]

Domaine Jean Fournier / Marsannay Trois Terres 2012

9426.jpg

比較的抽出も高く自然派のマルサネとは一線を画した作りで果実味が濃く柔らかく凝縮した姿。どこかイメージ的にビゾーを思わせる作り。もうすでに十分柔らかく魅力的な風味で作り込んだ味わいなので古典派にも十分に受ける味わい!

ドメーヌ・ジョセフ・ヴォワイヨ / ポマール・プルミエ・クリュ・レ・ペズロール [2007]

Domaine Joseph Voillot / Pommard Premier Cru les Pezerolles 2007

5758.jpg

まだ官能的な要素は出てきてはいませんが、かなり巧く熟成されておりポマールらしい地味で穏やかな姿で飲むものを納得させる表情に溢れています。もっと置いておけば官能的な複雑さが出てくるはずです。

クロ・デ・ムール / コート・デュ・ローヌ・ノヴィス [2014]

Clos de Mourres / Cote du Rhone NoVice 2014

10305.jpg

クロ・デ・ムールは非常に優しい膨らみと厚みを持ったワインでセンスの高さを感じさせてくれる造り手ですが、スパイシーさも兼ね備えていて実にバランスの良いワイン。すでにかなり美味しくなっており優しい女性に包まれているような印象です。

シャルマッソン / VDF ラ・ヴァレリアンヌ・ルージュ [2011]

Charmasson / Vin de France La Valeriane Rouge 2011

9654.jpg

ぎゅっと引き締まった男性的な濃度を感じるワインで、質感が非常に良くこのクラスのローヌとしてはやはり異彩を放っているワインと言えます。アフターも長く旨みもたっぷり!

ドメーヌ・ド・エスピエ / コート・デュ・ローヌ [2014]

Domaine de Espiers / Cote du Rhone 2014

10340.jpg

ちょっと軽めでエスピエらしい実に品の良い姿をしたスタンダードです。重すぎず品の良いローヌをお探しなら間違いなくこれがナンバーワン!

カザーレ / キャンティー・コッリ・セネージ [2012]

Casale / Chianti Colli Senesi 2012

8942.jpg

凄く良い感じに練れてきて、熟成の複雑さも若干出てきている。まさにセンスの良いキャンティーとはこのような姿です!と言いたくなるワイン。キャンティーとはこうありたいものです。

アグリコーラ・リュイット・リミタダ / ウアサ・ビチウエドケ [2014]

Agricola Luyt Limitada / Huasa PichiHuedque [2014]

10101.jpg

輸入当初がちがちだった姿が極端に変化し今では軽やかな方向性で実に魅力的な姿になってきた。チリのなんと平均樹齢250年というとてつもない樹齢の樹だからこそこんな違和感のない素晴らしいワインが出来るのだと思う。

レ・クロ・ド・カイユ / コート・デュ・ローヌ・ブーケ・ド・ガリーグ [2012]

Le Clos du Caillou / Cote-du-Rhone Bouquet des Garrigues 2012

9254.jpg

以前の濃厚な姿から若干軽やかさが出てきており実に素晴らしい状態のワイン。通常のローヌより質が高くエレガントで質感も抜群でかなりのもの!

クリスタヘルム / マバベル・ピノ・ノワール [2013]【

Crystallum / Mabalel Pinot Noir 2013

10232.jpg

2013年は通常の年よりも暑かったこともあるが少し糖度が乗っていて今十分に開いておりちょっとブルゴーニュのボーヌ的なニュアンスがあり実に素晴らしい。まさかブルゴーニュでこのようなピノが出来るとは驚きだ。私が知っている限りブルゴーニュ以外では最高のピノの一つ!

ライクス / ピノ・タージュ・リザーヴ [2009]

Rijk's / Pinotage Reserve 2009

9714.jpg

南アフリカの赤の中では若干風味がオーストラリアよりではあるが非常に質が良くこれはこれでまた南アフリカの個性の一部である。クリスタルムのようなフランス指向のワインとは違い、別の存在感を示す実に良質なワインを造る生産者!

シャトー・ヴァリ / ベル・ジュラック・ルージュ [2009]

Chateau VARI / Bergerac Rouge 2009

8121.jpg

このワインを飲んですぐボルドーだと分かる人は少ないかもしれないが、ボルドーチックなスタイルを売りにした安いボルドーよりもは全然良い。質感抜群で安いのに安さを感じさせないところはさすがヴァリ。

シャトー グリュオ・ラローズ [1993]

Chateau.Gruaud Larose 1993

8964.jpg

このワインは平行もののために完璧な状態ではありません。しかし昔良くあったかなり良い感じのボルドーの姿が良く出ていて甘さがたっぷり乗っていて複雑さも素晴らしく今理想的な飲み頃。昔のボルドー好きは是非飲んでください。感動的です。

シャトー グリュオ・ラローズ [1994]

Chateau.Gruaud Larose 1994

8965.jpg

このワインは1993年と同じく平行もののために完璧な状態ではありません。しかし昔良くあったかなり良い感じのボルドーの姿が良く出ていて甘さがたっぷり乗っていて複雑さも素晴らしく今理想的な飲み頃。昔のボルドー好きは是非飲んでください。感動的です。

クリスタヘルム / ピーター・マックス・ピノ・ノワール [2013]

Crystallum / Peter Max Pinot Noir 2013

10231.jpg

2013年は通常の年よりも暑かったこともあるが少し糖度が乗っていて今十分に開いておりちょっとブルゴーニュのニュイ的なニュアンスがあり実に素晴らしい。まさかブルゴーニュでこのようなピノが出来るとは驚きだ。私が知っている限りブルゴーニュ以外では最高のピノの一つ!